読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルナカOnLine

イタリア車 フランス車の専門店

カングー ソレノイドバルブ交換

カングーのATが調子悪いとのことで入庫です。

「朝一でエンジンかけて走るとシフトショックがあって、エラーが出る。
その後エマージェンシーモード。エンジンが暖まったり、かけ直すとなおる」
という症状からソレノイドバルブっぽいです。
カングーもプジョーと同じAL4使ってますが、 ルノーは整備性がすごく悪いです。

いつもの三倍時間かかりました。



バルブボディがはずれました。



ATFを交換したとのこですが、よく分からないATF使ってます。
3万キロで交換がおすすめですが、エンジンオイルならまだしもATFは専用のものを使いましょう。

やはりバルブが対策前のでした。
高いお金出してATのオーバーホールするより、バルブ交換とATFの定期交換が現実的です。





オイルパンの内部に鉄粉を集める磁石があるのですが、いっぱい付いてますね。

交換後にテスターでセットアップして終わりです。