読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルナカOnLine

イタリア車 フランス車の専門店

106車検とムルティプラ修理

車検で入庫の106


温間時にEgの調子が悪いということです。確かに。 各センサーのパラメータは正常でした。
とりあえずチャコールキャニスタからのホースの取り回しが未対策のままでしたので変更。
もちろん大気開放はしませんので車検には受かりますよー。下の写真でどこ変更したか分かりますか?これでしばらく様子みましたが良さそうです。
気温が高いと車も人間もいろいろ出てきますね。

車検場行く間にISCVの動きも気になりましたが、とりあえず掃除。あまり汚れてないようです。

昼間よく冷えないという事でACのガス圧測定。少なめですが許容範囲内です。
よくよく見るとスイッチでは内気循環モードになってますが、フラップモーターが外気導入の位置から動きません。これもイマイチ冷えない原因のひとつですね。



次、ムルティプラ
長めのクランキングでチェックランプ点灯。
入庫時にはチェックランプ消灯してました。
とりあえずスキャン
一時的な接触不良でしょうか。
その辺りのプーリー・カプラー・ECU・アースなどを確認して、オーナー様にご相談。
センサーを見積もったら意外とお値打ち価格。
「じゃ交換お願いします!」ということでセンサー交換という名の安心をご購入いただきました。