読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルナカOnLine

イタリア車 フランス車の専門店

307エンジン不調とC5ATソレノイド交換

307はエンジン不調。

冷間時の息継ぎで入庫。




DTCの入力ありません。
各種センサーのパラメータも正常に作動してます。



たまにバックファイヤーがあるのでエキマニ外してみます。





吸気側のバルブに異常なカーボンの堆積が認められました。写真じゃ見にくいですけど


ヘッドのオーバーホールをしたいところですが、とりあえずケミカルで洗浄。

その後、冷感時に試乗してみて異常なしでしたが、もう少し様子見てみます。




続いて12検のc5 ATの調子が悪いと言う事で、ATFの油圧を見てみたら2Bar程度しかありませんでした。


プレッシャーレギュレーションを交換します。



ATF抜いて

バルブボディを外します。
右上の円柱っぽいのが不具合部品。白いカプラーで表面に「A」と刻印してあるのは対策前の部品です。

オイルパン上の磁石に鉄粉がびっしりついてます。